相続(遺産相続)に関する詳しい知識「相続人とは?」

「相続(遺産相続)に関する詳しい知識」一覧に戻る

法定相続人について

簡単に相続人と表現されますが、いったい親族の中でどこまでの関係の方が該当するのでしょうか?下の図を参考に見ていきましょう。

相続人とは?(参考図)


夫が亡くなった場合を考えてみましょう。
1) 配偶者である妻が健在であれば、「常に」相続人となります。
2) 子供がいる場合、もちろん相続人となります。配偶者の「常に」に対して、子供は「第一順位」相続人と呼ばれます。子供には養子も含まれます。
3) 子供のいない場合、父、母が相続人となります。「第二順位」相続人です。
4) 子供(第一順位)、父母(第二順位)がいない場合、初めて兄、妹が相続人となります。「第三順位」相続人です。

ここまでに登場していない親族の扱いはどうなるでしょうか?
5) 孫は親である子が亡くなっている場合、「第一順位」相続人となります。これを代襲相続といいます。
6) 兄に子供(夫との関係は甥・姪)がいる場合、兄が亡くなっていれば、「第三順位」の条件で代襲相続します。
7) 妻の父、母、弟については法定の相続分は発生しません。相続人にはなれないのです。
8) 図にはありませんが、夫に愛人がいて子供がいる場合はどうなるでしょうか?この場合も「第一順位」相続人となります(ただし、相続分が異なります)。

以上のように相続順位に従って、上位の相続人がいない場合後順位の相続人が相続することになります。妻が亡くなっている場合も同様の順位で考えます。

一般的な相続関係は、おおよそ上の解説で収まると考えられます。

しかし、胎児も産まれたものとみなされたり、養子の子供は出生時期で違いがあるなど、細かな注意が必要になるケースも存在します。

相続人とは? トップへ